神戸 摩耶山の上野道

先日、摩耶山の上野道を通って摩耶ケーブルの虹の駅まで登山をしてきました。
摩耶山は神戸市灘区にある山で、有名な六甲山と連なる山です。
摩耶山山頂にある掬星台から眺める神戸―大阪―和歌山間と大阪湾の夜景は、1000万$の夜景と呼ばれ、日本三大夜景の一つとなっています。
この摩耶山には登山道がいくつかあって、上野道は摩耶ケーブル下駅の近くに登山口がある初心者にも人気のある登山道です。
この上野道には五鬼山城展望台という展望台があり、そこから観る景色は最高で、大阪のビル群から神戸三宮方面まで広い範囲の景色を観ることが出来ます。
初心者向けの登山道であることは、2歳児が歩いて登れることでもわかります。
登山中に2歳の女の子がお父さんと一緒に登っていました。
ほとんどが木で覆われた道を歩くのですが、片側は急な斜面で落ちると危険な場所も多々あります。
しかし、わざわざ斜面側に行くという事をしなければ落ちる心配はまずないです。
時々見晴らしの良い場所が現れ、ベンチなどもたくさん設置されているので、休憩もしっかり取れます。
問題はトイレがないことです。
男性や子供は、登山道から少しそれた脇道などで済ますことができますが、女性は少し厳しいかなって思います。
それでも、女性の登山客もたくさんいましたのでなんとかなっているようですが。

Category: TRAVELING | No comments yet